ニオイの原因になる「すそワキガ」とは?

デリケートゾーンのニオイに「すそワキガ」があります。
すそワキガは正式名を「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。
人体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、ワキガはアポクリン汗腺からの汗が原因です。

 

ワキガの原因アポクリン汗腺とは

アポクリン汗腺からでる汗には脂肪や尿素、アンモニアなどの成分があり、
これらが皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じると
皮膚にある常在菌で分解されてニオイが発生します。
アポクリン汗腺は脇下やデリケートゾーン、乳輪などにしゅうちゅうしています。
なお、デリケートゾーンのわきワキガ臭は「外陰部臭症」と言います。

 

すそワキガは遺伝するか?

もともとワキガは病気ではなく、多くの場合遺伝で起こる体質的なものです。
両親がワキガでは子どもがワキガになる確率は75%以上、
片方の親がワキガの場合は50%以上の確率で遺伝するそうです。
この遺伝はアポクリン汗腺の数で、アポクリン汗腺の数が多いからです。

 

すそワキガの特徴

ワキガのニオイは主に脇下や陰部、乳首の周り、耳の中や臍周辺から発生し、
一か所だけではなく合併して起こることもあります。
したがって脇下の腋臭症はすそワキガも併発することが多いようです。
また、「軟耳垢」という耳のニオイもアポクリン汗腺の異常分泌が原因です。

 

軟耳垢は耳の中の垢が湿った状態で、約80%がワキガだとのことで、
ワキガの人の約98%が軟耳垢も併発しているそうです。
ちなみにワキガは男性よりも女性に多く見られ、特に生理中にワキガ臭が強くなるようです。
またセックスをするとワキガ臭が強くなりますが、
これは性的な興奮でアポクリン汗腺が刺激されるためで、
特に女性はセックスのあとですそワキガのニオイが強まるようです。

 

 

すそワキガと食べ物の関係

ワキガ臭は、肉などの動物性タンパク質や脂肪分の多い食べ物で強くなるようです。
それはこれらの食材がアポクリン汗腺を活発化するからです。
したがって食生活を見直すこともすそワキガの改善につながると言えるでしょう。