日常で可能なにおい対策

デリケートゾーンのにおいの原因が性病などである場合は婦人科での治療が必要です。
しかしデリケートゾーンの臭いの多くは汗と蒸れなどで膣内環境が悪化して雑菌が繁殖するのが原因です。
ではにおい対策にはどのようなケアが必要なのでしょうか。

 

デリケートゾーンの洗い過ぎは避ける

お風呂で洗うときは外側の尿や汗、汚れはお湯でそっと流す程度にします。
どうしてもにおいが気になる時は低刺激性の石鹸の泡で洗うようにします。
この際は指の腹でそっと洗うようにしましょう。

 

恥垢は大陰唇と小陰唇の間に溜る

雑菌の栄養源である恥垢は大陰唇と小陰唇の間に溜まりやすいので、
この部分を丁寧にそっと洗うようにします。
市販の石鹸やボディソープには界面活性剤が含まれていて刺激が強すぎて、
刺激が強いと膣内の炎症などのトラブルの原因になることがあります。
また、外陰部の皮膚は刺激に敏感ですから擦りすぎると色素沈着で黒ずみができます。

 

デリケートゾーンには洗浄ジェルがいい

デリケートゾーン専用の石鹸が市販されていますが、
やさしく膣内をケアするには洗浄ジェルがいいようです。
洗浄ジェルは膣の自浄作用を損なわずに雑菌の繁殖を抑えることが目的です。

 

日常生活では清潔を保つ

日常生活では汗や尿、おりものや経血、さらには蒸れでの雑菌の繁殖を防ぐために、
デリケートゾーンを清潔に保つように心がけましょう。
特に夏は高温多湿で蒸れやすいので、ショーツやナプキンは毎日交換するようにします。
また、通気性が良い綿素材のショーツを着用して、ジーンズやストッキングは避けましょう。
さらにビデは頻繁に使用しないで、生理の終わり頃に使う程度にすることです。