デリケートゾーンのニオイは食べ物でも予防

デリケートゾーンの不快なニオイに悩んでいる方で、
専用の石鹸などを使用している方も多いのではないでしょうか。
こういった方法は、体の外側からの対策ですが、
ニオイを改善してくれる食べ物が、普段の生活の中ですぐに手に入るもので
たくさんあることはご存知でしょうか。
そういった食べ物を日常的に選んで食べることで、体の内側からの対策も可能なのです。

 

抗酸化作用のある食べ物がデリケートゾーンのニオイを抑えてくれる

デリケートゾーンのニオイを抑制するためには、抗酸化作用がある食品を摂って、
酸化による体臭を予防することが大切です。
緑黄色野菜や緑茶には抗酸化作用がありますが、そのような食品には、
ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、βカロテンやカテキンが含まれています。
このような抗酸化作用のある食べ物が、酸化による体臭を防ぐのは、タンパク質や脂質の
酸化を抑える働きがあるためです。

 

積極的に摂りたいアルカリ性食品

食品には酸性のものとアルカリ性のものがあります。
酸っぱい果物、お酢、梅干し、海藻類などはアルカリ性の食品ですが、
これらは不快なニオイを発生させる乳酸が、
体の中で生成されるのを抑制するのに効果的です。
酸っぱい食べ物は、ニオイの抑制だけでなく、
疲れた体が早く元気を取り戻すのにも効果を発揮します。

 

正しく整えられた腸内環境が重要

毎日のお腹の調子はいかがでしょうか。
普段から便秘である、もしくは下痢気味なのが普通である、という方は、
腸内環境が不調であると言えます。
腸内環境が正常でないと、腸の中でアンモニアが生成されます。
発生したアンモニアは血液の中に取り込まれ、
その結果、不快なニオイの汗と一緒にアポクリン汗腺から体の外に排出されます。
このような結果を防ぐためにも腸内の環境は正常に保つことを心がけなければなりません。

 

腸内環境を正しく整える食べ物とは?

腸内の環境を正常にしてくれるのに代表的なものは、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖です。
オリゴ糖にはコレステロールの善玉菌を増やす働きがあるほか、
下痢や便秘の元となる悪玉菌を大量に減少させる働きがあります。
つまり、腸の中でいやなニオイの元になる菌が発生するのを抑制することができるのです。

 

いつでも手に入りやすい食品で腸内環境を改善しましょう

腸内の環境は、いつでも手に入りやすい食べ物で改善することが可能です。
野菜類には食物繊維がたくさん含まれていますし、
多くのご家庭でいつでも冷蔵庫の中に常備されている食品である味噌、納豆、
ヨーグルトなどで乳酸菌を摂れば、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことができます。
そしてニオイを軽くすることが可能です。キムチも腸内の環境改善に一役買います。
注意していただきたいのが、タンパク質や脂質が多い肉類などを食べる時です。
その時は、アルカリ性の野菜も一緒に食べることを心がけましょう。

 

ドリンク類にも注意

飲み物でデリケートゾーンのニオイの対策に体の中から役立つのが、
カテキンが多く含まれた緑茶やほうじ茶、紅茶です。
デリケートゾーンのニオイの改善に役立つこういった飲み物、海藻類、
乳酸菌が含まれた食品を日常的に摂取することは、少しの心がけで実践することができると思います。
ぜひ積極的に摂取して、改善に役立てたいですね。顔汗 止める