デリケートゾーンのにおい対策について

デリケートゾーンの細胞が活動すると、それに付随してさまざまなことが起きます。
そのひとつが気になるデリケートゾーンのにおいで、
女性の大半がこの悩みを持っているようです。
このにおい対策をどのようにしているかは人さまざまで、いろいろと考えてはいるが
根本的な対策方法が分からないという人にデリケートゾーンにおい対策をお教えします。

 

デリケートゾーンにおい対策は簡単

デリケートゾーンは構造が複雑ですからきちんと洗ったつもりでも洗い残しがあります。
特に女性特有の分泌物があるので、普通にトイレペーパーで拭きとれないことがあります。
雑菌が残ると繁殖して痒みの原因あるいはカンジダという女性特有の疾患を誘発します。
ここでのにおい対策はいくつかありますが、どれもが簡単ですからぜひ実行しましょう。

 

デリケートゾーン臭い対策5箇条

対策の第一は優しく丁寧に洗うことで、ただし使用するのはお湯がおすすめです。
次にムダ毛を処理するのはおすすめですが、これにはVIO脱毛があります。
3番目は通気性に配慮することで、デリケートゾーンは蒸れやすい部位だと認識しましょう。

 

したがってナプキンは適度な回数で取り換えることが必要です。
4番目は分泌物を少なくするために、動物性脂肪分を過剰に摂取しないことです。
5番目は意外かもしれませんが保湿に気をつけることで、蒸れはいけませんが、乾燥も避けるべきです。

デリケートゾーンの臭い汗を改善するには?

汗をかく原因は状況により様々ですが、人間が汗をかくのは自然なことです。
しかしその原因によって汗の種類が変化し、汗のニオイにも関係してくるのです。
人間の体には、エクリン汗腺(主に体の温度を調整するための機能を果たす)と、
アポクリン汗腺(精神が興奮したり緊張したりすると、この汗腺から汗が出る)の二種類があります。

 

 

エクリン汗腺から出る汗とはどんなもの?

エクリン汗腺から出る汗の主な役目は、体の温度を調整することです。
この汗腺から出る汗は、ほとんどが水分です(約99%)。
少しの塩分が含まれるものの、サラッとしていて、すぐに蒸発するため、
発生する雑菌が少なく、不快なニオイはしないのが特徴です。

 

アポクリン汗腺から出る汗とはどんなもの?

人間が興奮や緊張を感じた時、この汗腺から汗が大量に出ます。
しかもその汗はニオイが強いもので、べとついています。
したがって、雑菌が発生しやすいのです。

 

デリケートゾーンや足裏、脇下に集まっているアポクリン汗腺

アポクリン汗腺が主にデリケートゾーンや足裏、脇下に集中しているため、
そこから出た汗が元で雑菌が発生します。
それがデリケートゾーンの臭う原因になるのです。

 

エクリン汗腺からはきれいなサラサラ汗をかかなければなりません

アポクリン汗腺の機能を活発化させてしまう原因が、エクリン汗腺の機能の低下です。
普段運動をして汗をかく習慣のない人や、
夏でもエアコンのきいた部屋で過ごすことが多いというような人は、
きれいなサラッとした汗をかくエクリン汗腺をうまく使えなくなってしまいます。
そのことが、アポクリン汗腺から出る不快なニオイの汗の分泌量を増やしてしまうことに繋がります。

 

どうやってデリケートゾーンの臭い汗を改善させるのか

デリケートゾーンの汗のニオイが気になる仕組みがわかれば、改善するのは難しいことではありません。
アポクリン汗腺から出る不快なニオイのする汗の分泌量を減らせば良いのです。
そのためには、汗をたくさんかき、エクリン汗腺を普段から活発に働かせることです。
ウォーキングやジョギングなどの運動はもちろんのこと、
半身浴やサウナ、岩盤浴などもたくさん汗をかくのに良いでしょう。
大切なのは、汗をかくことを習慣化させて、定期的にエクリン汗腺の機能を活発にすることです。

 

まとめ

以上で、人の体には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という二種類の汗腺があり、
それぞれ特徴が違うこと、
また、不快なニオイの汗を出すアポクリン汗腺の働きを活性化させないためには、
サラッとした汗を出すエクリン汗腺を活発化させることが重要だということが
お分かりいただけたと思います。

 

しかし、エクリン汗腺が活発化したからといってアポクリン汗腺の働きがなくなるかといえば、そういうわけではありません。
アポクリン汗腺から出た汗に備えて、デリケートゾーンや足の裏、脇の下といったアポクリン汗腺があるところは、いつもきれいに保つことが大切です。

更新履歴